主契約で生命保険を決める


生命保険を選ぶ際は、自分の保障したい内容は主契約から選ぶようにしましょう。

生命保険は主契約と特約を組み合わせて契約しますが、主契約をベースに特約を上乗せするように考えます。

特約だけの契約はできません。

自分の保障したい内容を特約から選んでしまうと、余計な保障を主契約で付ける事になり、保険料を余分に払うことになります。

例えば、保険に貯蓄性は求めずに、病気やケガなどによる医療費の保護のみの保障を必要とする場合、終身保険や、定期保険に医療特約を付けた物を選ぶより、医療保険に加入した方が、いらない保障を付けることなく、保険料も余分に払うことにならないということです。


©賢い生命保険の選び方